カイロス愛好家

カイロスと共に生きる

【SWSH S10使用構築】弱保テラキオン対面スタン 最終932位(レート1914)

f:id:tanago-poke:20201003214533p:plain

こんにちは!
最終3桁に初めて到達出来て嬉しかったので、構築は完成途中ですが書いてみました。

【構築経緯】

f:id:tanago-poke:20201003214613j:plain

 今期使ってみたかったテラキオンから構築を組み始めた。

 テラキオンでAを上げても対面撃ち負けるマリルリに強く、構築に入れ得なパッチラゴンを2体目のダイマックス枠とした。

 電気の一貫を切り、テラキオン・パッチラゴンでは崩せない高耐久地面を崩しにいけるガマゲロゲを3体目のダイマックス枠とした。

 襷枠に求めたのは環境上位のポケモンに切り返しが行えて、フェアリーを誘い倒せる要素。襷カウンターヌメルゴンを採用。 

 スカーフ枠には、ラストの詰めやガマゲロゲのダイストリームと相性の良い水ウーラオスを採用。

 ラストはかなり悩んだが最終的に重めな水ウーラオスアシレーヌに強いモロバレルを採用。
 

【個体解説】


f:id:tanago-poke:20201003173504g:plain

テラキオン

@ラムの実
陽気 正義の心
167(4)-181(252)-115(36)-82-111(4)-170(212)
インファイト ストーンエッジ エアスラッシュ 地震

○調整
 A 振り切り 
 H-B  ダイマックス時、水ウーラオスの水流連打+アクアジェットを最高乱数2回未満耐え
     ダイマックス時、悪ウーラオスインファイト+不意打ち確定耐え
 S 最速100族+3
 H、D 端数


今期の相棒枠。
今期序盤に固定リセットで色違いを出せたのが使うきっかけになった。
調整は自分で考えました。
アシレーヌや水悪両ウーラオスと対面で撃ち合いに勝てるのが偉かった。


f:id:tanago-poke:20201003173531g:plain

パッチラゴン

@ラムの実
陽気 張り切り
165-152(252)-111(4)-90-90-139(252)
電撃嘴 逆鱗 燕返し 火炎放射


催眠鬼火ゲンガー意識でラムを持たせました。
ミラーを意識して最速。
テラキオンの苦手な物理水との撃ち合いに強く、攻撃面での補完が良い。
選出画面で地面の選出を強要するため、裏の水ウーラオスがよく通った。


f:id:tanago-poke:20201003212657g:plain

ガマゲロゲ

@命の珠
控えめ すいすい
181(4)-*-95-150(252)-95-126(252)
ハイドロポンプ 大地の力 ヘドロウェーブ 草結び


ダイマックス3枠目。
電気の一貫切りと対パッチラゴンへの切り返し。
基本的な構築への選出はあまり出来ませんでしたが、受け構築に対してヌメルゴンのアシッドボムでハピナスの耐久を下げると崩しにいけるのがかなり強かった。


f:id:tanago-poke:20201003173553g:plain

ヌメルゴン

@気合いの襷
おっとり 草食
183(140)-*-67-178(252)-170-115(116) *B個体値0
流星群 ヘドロウェーブ アシッドボム カウンター

参考元:https://yakkun.com/swsh/theory/n1652


最強のポケモン
Hに振り切ればウーラオスインファイトを確定耐えする耐久は確保出来るが、環境トップのパッチラゴンに対して行動保証が欲しかったため襷を持たせた。
アシッドボム搭載でチョッキを持たない特殊との撃ち合いに勝て、アシレーヌやピクシーを何度も葬った。
特性草食により、モロバレルバタフリーにも強く出られる。
調整を自分で考える時間がなかったのが反省点、開拓の余地多いにあり。


f:id:tanago-poke:20201003214820g:plain

連撃ウーラオス

@拘りスカーフ
陽気 不可視の拳
175-182(252)-121(4)-*-80-163(252)
水流連打 インファイト 雷パンチ 冷凍パンチ


スカーフ枠。
ダイジェットを積まれたホルードを上から攻撃出来ることや、襷持ちを貫通して倒せるのが強い。
ガマゲロゲの雨とも相性が良い。
蜻蛉帰りは全く撃たなかったので、最終日途中から冷凍パンチに変更。


f:id:tanago-poke:20201003212717g:plain

モロバレル

@黒いヘドロ
呑気 再生力
221(252)-*-134(252)-105-101(4)-31 *S個体値0 
ギガドレイン ヘドロ爆弾 茸の胞子 光合成


選出誘導の置物、要検討枠。
元々ヒトムを採用していたが、水ウーラオスアシレーヌがかなり重かったので最終日急遽投入した。
一回しか選出しなかったが、選出画面で相手に催眠対策を強要させるのが強く、相手の選出が読みやすくなった。

【選出】

刺さってるポケモンを選出

基本 テラキオンorパッチラゴンorガマゲロゲ+ウーラオス+ヌメルゴン
選出順番は相手の構築によって変えた。初手ダイマックスすることが多かった。

受け ヌメルゴン+ガマゲロゲ@1
ハピナスにアシッドボムで耐久を下げてから詰めにいけることが多かった。

【結果】

 
 tn*たなご   最終932位  57勝 26敗
 tn*須佐能呼  最終3969位   68勝 51敗

f:id:tanago-poke:20201003000654p:plain



今度はレート2000目指して頑張ります!!